古代骨という語り部

































古代骨が語りかけてくるもの
 「古代骨」を見たことはあるでしょうか。化石までは古くない、ごく最近(1000年くらいの単位)の遺跡から出土した骨です。
 写真は、オホーツクのモヨロ貝塚遺跡から出土した、エゾタヌキの古代骨です。サンプル数が非常に少なく、現生のタヌキと比較論文は書いていませんが、何百個体と頭骨を計測してきた私が見ると、ミリ単位でエゾタヌキかホンドタヌキかを、およそ見分けることができ、この古代骨(約1000年前)も統計解析をするまでもなく、エゾタヌキの特徴を示しています。
 ここからは、仮説ですが、私は、北海道に、元々、タヌキは生息していたのだろうか?という疑問を持っています。
 なぜなら、ホンドタヌキは、中期更新世(12万年以上前)の古い時代から化石が出ているのに対し、エゾタヌキは、比較的最近の遺跡からしか出土していないからです。単に、出土していないだけなのか、あるいは、元々いなかったのか?という疑問がそこで生じるわけです。
 縄文人は、野生動物を人為的に移動させてましたから、もしかしたら、本州からタヌキを北海道へ連れて来たのではないか?という疑いを持っています。ちなみに、サハリンにもタヌキはいますが、元々いたものと、戦時中に毛皮獣として導入されたものとが混在しているようです。
 もしこの縄文人導入説の仮説が正しいなら、エゾタヌキは、古い時代の国内外来種ということになります。あるいは、エゾタヌキは元々いたけれど、ホンドタヌキと混ざっている可能性もあるかもしれません。
 津軽海峡が氷期に陸化し、最後に海峡となったのは、約10~15万年前ですから、エゾとホンドは、かなりの長い期間、地理的に分断されていたことになります。しかし、DNAでは亜種レベルの違いしかありません。遺伝的に見ても、その差の小ささが不思議なのです。古代骨を触りながら、このタヌキは、実は人類が過去に北海道に連れて来たのではないか?そんなことを骨が語りかけているような気がしたのです。 
 ※写真は、北海道大学植物園・博物館収蔵標本
                                                       文:羽馬 千恵