中学校での外来種教育






















中学校での外来種教育

 私の地元・兵庫県赤穂市の中学校で、外来種についての出前授業を実施しました。授業には、アライグマやコウライキジの剥製や
北海道では国内外来種であるカブトムシの標本などの実物を観たり、触れたりする体験も盛り込みました。
 私が子ども時代と違い、今の学校には、動物の剥製なども置いておらず、母校の小学校にあった小動舎もなくなっており、
実際の生き物や標本に触れる機会の少ない子どもたちは、標本に興味津々で、非常に興味を持って授業に参加してくれました。
 小中高等学校と出前授業をさせてもらいましたが、子どもの年齢が上がるにつれて、標本などに関心が薄れる傾向があること
興味のある生徒のみが関心を示す傾向が強くなっていくことが分かってきました。
 また、北海道と本州の兵庫県では、生息する外来種が異なることから、子どもたちの知識にも違いがみられることも分かりました。
 授業は、総合学習の時間に体育館で学年全員を対象に実施しましたが、子どもの年齢によって、理解力やどこまで伝えていいか(駆除など
命の問題でデリケートであるため)、課題も浮き彫りになりました。
 学校側の意見としては、授業時間数がないことが一番、外部講師を受け入れられない理由としてあげられることが多いのですが、学習指導
要領に掲載されていない内容であっても、様々な社会問題を専門家を招いて、子どもたちに伝えていく機会が増えればと願っています。

 写真は、赤穂民報社に掲載された写真を提供してもらったもの。                  文:羽馬 千恵