北海道のカブトムシの小型化の可能性

























北海道のカブトムシの小型化の可脳性
 北海道では、元々、自然分布していなかったカブトムシが、本州から持ち込まれ、国内外来種として全道に定着して、約50年近く経つ。
 北海道伊達市でも多いことから、私は、2014年に夜間、捕獲調査をした。その時、驚いたことが、本州のカブトムシより、サイズが小さい、ということだった。写真は、オスの小型のカブトムシである。個体差があるので、全てこのサイズではないが、それでも、本州で捕獲されるようなサイズの大型のカブトムシは、いなかった。
 24日間の捕獲調査で、成虫203個体(オス54個体、メス149個体)を捕獲し、ノギスでサイズを計測した。
 以外にも、日本でメジャーな昆虫であるカブトムシは、ほぼ研究がなされていないといっていい。つまり、原産地である本州のカブトムシのサイズの文献すら、なかったのだ。
 
 このため、サイズを原産地の本州と比較しようにも、比較データの文献がほぼなく、困り果ててしまった。
 それでも僅かな原産地のデータから、小型化の可能性(伊達市のみの記録なので可能性とした)を指摘したのだが(羽馬,2015)、仮に、北海道のカブトムシが小型化しているとして、その要因まで突き止めることはできなかった。理由は、サイズの決定要因が、あまりに多すぎて、遺伝的な創始者効果などの要因なのか、北海道では主に堆肥が幼虫の発生源であるため、温度環境なのか、サイズを決定する要因が特定できず、現象だけの報告とするしかなかったのだ。

 伊達市だけのデータだが、北海道の他地域でも、学芸員などから、北海道のカブトムシは小さいと聞いている。小型化が、どのくらいの地理的規模で起こっているのか、生育環境によるのか、遺伝的要因によるのか、新環境に対しての適応なのかどうかも、不明である。
 
 しかし、新たに進入・定着した地域で、外来種が原産地より小型化あるいは大型化した場合、定着先で原産地とは異なるニッチを占めることとなり、予想外の相手と競合が生じる可能性がある。
 
 今後、国内外来種カブトムシの在来生態系への影響を検討する上でも、対策を考える上でも、体サイズなどの形態情報の蓄積は必要であり、北海道および原産地である本州各地の体サイズの地理的変異のデータの蓄積が求められる。

 カブトムシは、北海道では本州から持ち込まれた国内外来種である。捕獲し、飼育したカブトムシは、増やさず、放さず、最後まで、飼育してもらいたい。

《参考文献》羽馬(2015)北海道伊達市における国内外来種カブトムシの体サイズの記録.昆虫と自然(2015年8月号)

 ※写真は、オスの小型のカブトムシ(北海道伊達市産)

                                                      文:羽馬 千恵